佛光山人間佛教研究院
佛光山人間佛教研究院
佛光山人間佛教研究院
佛光山人間佛教研究院
登入/ 加入會員 登入/ 加入會員

人間仏教と現代社会

人間仏教と現代社会

人間仏教と現代社会

心と呼ぶことができる生物は地上には数多く生息します。し かし、考える、すなわち、「思考する」という能力を有した生き物 は人間だけです。 それは、人間のみが、大脳の表面を占める灰白質の薄い層か らなる大脳新皮質を具えたからです。 それは確かに素晴らしい能力です。しかし、それは危険な能 力でもあります。なぜなら、ある問題解決のために、まちがた過程 でその能力を用いるならば、あやまった結果をもたらすからです。 たとえば、右に述べた「自分とは何者か」を考える際に、他 者と自分との関係を考慮することなく、自分はこう生きるぞ、と自 分の欲望のみを中心とした生き方に終始すると、間違った重大な結 果を引き起こしてしまいます。

 

關於作者

橫山紘一
橫山紘一
日本

 

專業領域: 日本立教大學名譽教授 、日本一燈佛 學院院長 、台灣佛光大學兼任講座教授 、 日 本著名唯識學專家 。著有 《唯識思想入門》、 《唯識の哲 学》、 《十牛 図の世界》、 《十牛 図 ・自己 発見への旅》、 《わが心の構造》、 《唯識でよむ般若心 》、 《唯識の真理 観 》 等二十多部日文著作。

回應討論

  • 橫山紘一
    橫山紘一

    たとえば、右に述べた「自分とは何者か」を考える際に、他 者と自分との関係を考慮することなく、自分はこう生きるぞ、と自 分の欲望のみを中心とした生き方に終始すると、間違った重大な結 果を引き起こしてしまいます。現にみるように、家庭内、職場内で の人間関係、広くは国と国との間、における対立.抗争を引き起こ してしまうからです。
    http://fgsihb.org/article-info.asp?id=2274